読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スナックしのぶ

ポケモンに関するお話と少しの息抜き

カレーライスタン

 

う○この話しながらでもカレーを食べられるタイプです。

よろしくお願いします。

 

 

・PT解説

 

・ルウ(こくまろ)

f:id:crazyp0cket:20150512154244j:plain

入手が容易。PTの軸の一つ。半パック使う。

 

・ルウ(段熟)

f:id:crazyp0cket:20150512154359p:plain

PTのもう一つの軸。ルウ2枚のカロリーで身体に負担をかける。同じく半パック使う。

 

・ルウ(バーモント)

f:id:crazyp0cket:20150512154758j:plain

このPTのポイント。上記2種類のルウとは違い、こちらは3かけ程度で十分。

バーモントを入れることでカレーがねっとりとする。しゃばしゃばのカレーなんか食うてられへんでぇ!という人にピッタリ。

 

・玉ねぎ

f:id:crazyp0cket:20150512155025j:plain

ジャガイモ、ニンジン、肉はなくても玉ねぎだけは入れてた。カレー=玉ねぎと言ってもいいほど。

 

・肉(白モツ

f:id:crazyp0cket:20150512155210j:plain

普通は牛肉のブロックを入れるところだが、一人暮らしともなると少しは節約を考えた方がいいということから採用に至ったこのPTの肉枠。このことより、本PTはいわゆるモツ煮込みカレーに分類されることになる。

 

・じゃがいも(男爵)

f:id:crazyp0cket:20150512155424j:plain

普通カレーと言えば煮崩れしにくいメークインが採用されるが、今回はカレーの中に入れることはしない。どうするのかと言えば、ふかし芋にしてカレーの上にのせる

 

 

 

 

・立ち回りについて

作り方は市販のルウのパッケ裏とほぼ同じ。

鍋に油をひいて玉ねぎを飴色っぽくなるまで炒める。

次に水を入れるのだが、その前に、上記以外で採用したい駒があれば玉ねぎと同じ段階で一緒に炒める(火を通す)。

このタイミングでモツを投入する。

水はだいたい1ℓ。火を止めてから入れた方がいいかもしれない。

次にいい具合になるまで弱火~中火で煮込む。

  ―時間にして約20分(コンロの火力等、個人差アリ)

すべての具材に火が通ったら、火を止め、ルウを入れる。

先にこくまろと段熟を、その後、好みのどろどろ加減にバーモントで調整する。

  ―ここでバーモントを入れすぎると翌日のカレーがドロドロすぎて人によっては食べることが困難なカレーが出来上がってしまうので注意すべきである。

ルウを入れ終えたら、もう一度火をつけ、ルウと具をなじませつつ、水分を飛ばす。(おそらく5分程度でグツグツしてくるので火を止める)

数時間おいてからご飯にかけてもヨシ、パンにつけて食べてもヨシ。

どろっとしたカレーが出来上がる。

 

・じゃがいもに関して

ふかし芋を作る際、十字に切れ込みを入れておいた方が蒸されやすい(気がする)。

f:id:crazyp0cket:20150512163300p:plain

↑完成形です(?)

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました・A-)v

広告を非表示にする